引っ越し前にやっておかなければならないこと

引っ越し前の準備について

当日までの作業について、ここでは書きたいと思います。
まあこれについては、引っ越し業者に頼んだ時と、それほど変わらないかもしれません。

 

ダンボール集め

 

まずはダンボールを集めることにしました。
ダンボールは、買うと1個200円くらいかかるじゃないですか。

 

荷物がすごく少ないわけでもないので、20箱くらいにはなりますので、
そうすると4000円、小さな額ではないですよね。

 

ダンボールは、スーパーやドラッグストアなどで、割と簡単にもらえます。
お店では、余ったダンボールはお金を払って処分しないといけなくなるので、
「下さい」というと「どうぞどうぞ」とすんなりもらえます。

 

ただダンボールについては、かなり失敗したと思ったのは、
強度を考えなかったことなんですよね。

 

強度が弱いダンボールがけっこうあって、なので引っ越し荷物を入れて持ち上げると、
グニャッと変形してしまうものがあり、運びにくくて大変でした。

 

それに一軒のお店で、必要な数のダンボールを全部集められるわけではないんですよね。

 

ちょうどいい大きさのダンボールは数も少ないし、
結局お店を4〜5軒回らないといけなかったので、半日仕事になってしまいました。

 

不要品の処分

 

これはまあ、引っ越し業者に頼むにしても、引っ越しの際は必ずすると思います。

 

引っ越しの前に不要品を処分しておけば、
運ぶ荷物が減りますから引っ越し作業がラクになりますし、業者に頼む場合でも、
料金が安くなりますよね。

 

不要品の処分は、リサイクル業者を活用しました。
要らなくなった洋服とか、けっこう買い取ってくれ、まあ値段は安いものでしたけど、
ゴミとして処分することを考えればお得ですよね。

 

荷造り

 

引っ越し作業で一番大変なのは、やはり荷造りじゃないでしょうか。

 

一人暮らしだからそれほどではないとはいえ、
ダンボール20箱分を梱包するのはけっこうな手間になりました。

 

さらに引っ越し業者に頼まなかったので、家具も自分でやらないといけないんですよね。
背の高い食器棚とか洋服ダンスとか、分解しないといけなかったのは大変でした。

 

しかも荷造りは、平日は仕事をしているので、引っ越しの前日に一日でやったんですよ。

 

そうそうすぐには終わらなくて、結局徹夜になってしまい、
ちょっと仮眠しただけですぐに引っ越し作業だったので、
これも今回の引越しが大変だった大きな理由だったですね。